ためになるマニュアル

謝罪動画完全マニュアル【広告はつけない・BGMは禁止】

今、謝罪動画が熱い。

浮気?それは謝罪するしかない。三股?もちろん謝罪するしかない。たとえ被害者が見ていなくとも、被害者がそもそも存在していなくとも。だがそんな昨今の謝罪ブームに対し、謝罪のマニュアルが定まっていない事が問題視されている。

そこで今回、やらかしてしまったYoutuberのために謝罪マニュアルを作る事にした。浮気をしたりあけびの食べ方を間違えるなどのあってはならない重罪を犯してしまった方は、ぜひ速やかな謝罪を。

それではLet’s 謝罪

広告はつけない

謝罪動画でお金を稼ごうなんてもってのほか。

本当に心から反省しているのであれば、自然と体がそう反応するはず。デフォルトでは広告がつくように設定されているはずだが、外し忘れなど論外。反省が足りていない。それがYoutubeにおける世論らしい。

ちなみに、テレビでは謝罪会見だろうが人の死だろうがバンバン金に変えているわけだけども、それは何故か問題視されてないっぽい。

BGM・テロップは論外

謝罪動画には、BGMやテロップは付けないのがルールらしい。

そもそもYoutubeの動画は、テレビと違って勝手に視界に入るものではなく自分の意志でクリックした上で再生される。となると少しでも見やすくファンが面白いと思える映像にするべきだが、どうやら編集はしてはいけないらしい。

本当反省の気持ちがあるなら、謝罪動画にBGMテロップをつけようと思わない。誠意が不足しているからBGMテロップをつけてしまう。やはりそれが世論。こんなはもっての外。

そもそも編集自体がNG

本当に申し訳ない気持ちがあるのなら、謝罪の言葉は頭の中にあるはず。そしてそれをノーカットでスラスラ言えるはず。それが出来ないのは謝罪の気持ちが足りていない。

というのがやはり世論。

浮気であれば、被害者は彼女1人のはず。それを全くの第三者である視聴者にカンペ無しでスラスラ言えるほど反省をしていなければ、Youtuber失格。らしい。

正装でしっかりと謝る

こちらは2年ほど前、「ブスババ抜き」という企画で炎上をしたYoutuberの謝罪動画。

俺としては、このぐらいが一番だと思う。先述の通り一番謝るべきは被害者本人に対してであり、被害者に対して誠意を込めて謝れば服装や謝罪の長さはどうでもいいと思う。むしろ定型文で塗り固めた、形式張った謝罪こそ誠意があるとは思えない。「ごめんなさい」の一言さえあればいいと思う。

ところが、視聴者はそうは思ってないらしい。

ちなみに「ブスババ抜き」。テレビの報道では、さも「街中で声をかけた人の顔面を晒し上げて、ブスとあざ笑う」とも言わんばかりの報道をしていたが、実際の動画ではモザイク等の配慮はされており、それ以前に顔出しでインタビューを受けてくれた人は全員褒めていた。

顔を写してはいないが声をかけた人に対して謝罪を済ませた旨を書いたにも関わらず「ちゃんと謝罪動画を上げろ」との批判が殺到。で、謝罪動画を上げたのにこの言われよう。

「被害者には謝りました」

「いやちゃんと謝罪動画を上げろ!」

「皆さんすみませんでした」

「いや視聴者に謝ってどうすんのw」

だが、それが謝罪動画である。ちなみに正装をしてもネクタイが曲がっていてもいけないらしい。

 

いかがだったでしょうか?

ぜひ謝罪をする時にはお役立てくださいませ。ちなみに事あるごとに謝罪動画をあげる事が常識とされているのは日本くらいらしい。海外ではそもそも当事者同士が和解していれば興味無いんだとか。それでは〜

ABOUT ME
もやしさらだ
底辺ボカロP歴10年のベテラン。「音楽何も知らんけど、ボカロ曲作ってお金稼げたらいいなぁ」そんな事を思っていた10年前の俺みたいな人の役に立つブログにしたいです。